スマホチャンネルースマホを便利に!快適に!スマホ総合情報サイト

スマートフォンに関連するお役立ち情報、便利で色々な情報を提供していくサイトです。

Galaxy

Galaxy note7スペック全まとめ・防水防塵!バッテリー持ちは?

2016/09/22

グローバル版GalaxyNote7が発売されました。キャリア版はまだ発売されていませんがGalaxyNote7のスペックや機能について分かりやすくまとめてみました。

GalaxyS7edgeが高性能・高機能だった事からGalaxyNote7への期待も高まりますね。世界シェアを獲得しているSAMSUNGは今回どんな機能を搭載してきたのでしょう。それではご覧下さい。

 

スポンサーリンク

 

GalaxyNote7スペック

まずは基本スペックからご紹介しましょう。

【Android OS】6.0.1
【RAM】4GB
【ROM(ストレージ)】64GB
【外部メモリ】Micro SD・・・256GB対応
【CPU】オクタコア Snapdragon820 Exynos8890
【重量】169g
【サイズ】153.5×73.9×7.9mm
【画面サイズ】5.7インチ
【カメラ】アウトカメラ:1200万画素/インカメラ:500万画素
【バッテリー】3500mAh
【充電端子】USB Type-C&qi(ワイヤレス給電)
【その他】IR (虹彩認証機能)・防水・防塵

 

OSはAndroid6.0.1に対応しておりCPUはオクタコアを採用しています。RAM4GB・ROM64GBと大容量となっており、外部端子としてmicroSD最大256GBが対応可能です。画面サイズ5.7インチにカメラは1200万画素・500万画素となっているので写真撮影も快適ですね。

nanoSIMに対応していますので大抵のスマホから差し替え可能です。バッテリー容量も3500mAhと大容量なのでポケモンGOがそこそこ楽しめます。

ブラックオニキス、ゴールドプラチナ、ブルーコーラル、シルバーチタンの4色展開です。

デザインもGalaxyS7のような高級感あるデザインで格納式ペン、スタイラスも本体と同色になっています。

スペック的にはGalaxyS7edgeには劣るものの、Noteシリーズとしてはスペック向上しているので前作Noteユーザーなら今作は注目の機種となる事間違いないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

GalaxyNote7機能紹介!防水防塵対応!

お待たせしました!防水防塵搭載しました。

防水機能を待っていた方も多いのではないでしょうか。やはり防水は必須機能ですね。今回スタイラスも防水機能に対応しました。雨の日も、うっかり水没もこれで大丈夫!それではその他の機能もご紹介しましょう。

 

進化したスタイラス!

通称Spenと呼ばれるこのスタイラスの新機能は、端末を起動していない状態で使用できるよう進化しています。

Spenをそのままスロットから引き出し、真っ黒なディスプレイへSpenをON。すると真っ黒な画面に白のラインで文字を書ける上に、書いた文字をキープし続ける事が可能。

本体設定から簡単に設定できます。急なメモ取り等に便利ですね。ペン先も従来より細くなり感度の向上と細かい作業が出来るよう改良されています。

 

Spenの進化はこれだけではなく、分からない単語をSpenでタッチするだけで単語の意味を表示できたり、動画などの切り取りをSpen操作で行う事が出来ます。これまでは無かった便利な機能がSpenを使用する事により快適になるよう改良されています。

 

虹彩認証機能

指紋認証に加え虹彩認証にも対応しています。虹彩認証と言えば富士通が有名ですが今回Note7へ採用しました。

ロック画面の解除の際事前に設定した虹彩と照合し即座にロック解除できます。対応出来るアプリ等も順次拡大する見通しです。

 

大容量バッテリー&ワイヤレス充電

今回は3500mAhの本体内蔵型バッテリーを搭載していますのでバッテリー交換が出来ません。また、Spen操作がメインとなる事を考えるとあまり電池持ちが良いとは言えないでしょう。

しかし、Note7専用ワイヤレス充電ケースが販売されているので併用すればハードな利用者にも応えられるのではないでしょうか。さらにこの充電ケースも防水に対応しているそうです。

 

まとめ

今回のGalaxyNote7の進化は主にSpenでしたね。今まで使用する事が少なかったSpenが活躍出来るような端末となっています。

防水機能も完全防水を求めSpenや充電ケースにも防水を搭載する徹底ぶりです。このSpenの革新的な進化によって日本のシェアを獲る事が出来るのでしょうか。

確かに、このSpenは私も使ってみたいですね。指では操作し難い細かな作業も楽になりそうです。って、良く考えたら細かい作業しないや。何にせよ、待ちに待ったGalaxyNote7の国内発売が楽しみですね。

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

-Galaxy