iPhone

iPhone7/Plusのサイズは何インチ?歴代のiPhoneから大きさを比較

2017/07/15

スポンサーリンク

 

2016年9月16日に発売された話題のiPhone7/Plusを買おうかな、と気になっている方も多いですよね。

携帯ショップや量販店にiPhone7/Plusを見に行きたくてもなかなか時間がなかったり、人がたくさんいて触れなかったりと案外実機を見る機会が少ないのではないでしょうか。

今回は、

・ディスプレイのサイズは何インチ?

・重量や重さはどのくらい?

といった、映像を見ていても分かりにくいiPhone7/Plusのサイズ感を歴代のiPhoneと比較して分かりやすくまとめてみました。

 

スポンサーリンク

iPhone7/Plusの大きさ

それでは、まずは気になるiPhone7/Plusのサイズをチェックしてみましょう。

機種 iPhone 7 iPhone 7 Plus
縦(長さ) 138.3mm 158.2mm
幅(横) 67.1mm 77.9mm
厚さ 7.1 mm 7.3mm
重さ 138g  188g
ディスプレイサイズ  4.7インチ  5.5インチ

 

iPhone7とPlusではディスプレイサイズが大幅に違うため、縦サイズや幅などはPlusのほうが大きくなっていますね。

iPhone7も現行のスマホの中ではかなり薄いです。

特にPlusはデュアルカメラ搭載で広角レンズと望遠レンズの2つを備えているわりには、意外にiPhone7と厚さの違いはたった0.2mmの差しかありません。

発売前は前面すべてがディスプレイに覆われる「フルディスプレイ化」になるのではないか、など噂がありました。

ですが、結局パッと見た感じのディスプレイの印象は前モデルiPhone6sなどと同じでフルディスプレイにはなりませんでしたね。

ただ、歴代のiPhoneシリーズと比較すると高性能なのに軽量化・薄型化されていることが分かるので、比較してさらに詳しくみてみましょう。

 

スポンサーリンク

歴代のiPhoneシリーズからサイズを比較

iPhone7/Plus以前のシリーズのサイズは以下のようになっています。

iphone%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99

出典:http://www.apple.com/jp/iphone/compare/

 

発売順サイズ表

機種名 厚さ 重量 ディスプレイ
iPhone7 138.3mm 67.1mm 7.1mm 138g 4.7インチ
iPhone7 Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 188g 5.5インチ
iPhone SE 123.8mm 58.6mm 7.6mm 113g 4.0インチ
iPhone6s 138.3mm 67.1mm 7.1mm 143g 4.7インチ
iPhone6s Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 192g 5.5インチ
iPhone6 138.1mm 67.0mm 6.9mm 129g 4.7インチ 
iPhone6 Plus  158.1mm 77.8mm 7.1mm 172g  5.5インチ 

シリーズ別サイズ表

機種名 厚さ 重量 ディスプレイ
iPhone 7 138.3mm 67.1mm 7.1mm 138g 4.7インチ
iPhone 6s 138.3mm 67.1mm 7.1mm 143g 4.7インチ
iPhone 6 138.1mm 67.0mm 6.9mm 129g 4.7インチ
iPhone 7 Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 188g 5.5インチ
iPhone 6s Plus 158.2mm 77.9mm 7.3mm 192g 5.5インチ
iPhone 6 Plus 158.1mm 77.8mm 7.1mm 172g 5.5インチ
iPhone SE 123.8mm 58.6mm 7.6mm 113g 4.0インチ

サイズは同じでもiPhone7/Plusは6/Plusより5g程軽い

iPhone5S以前のモデルとiPhone SEについてはディスプレイサイズが4.0インチと小さめなので、コンパクトさではiPhone7/Plusを上回っています。

同じディスプレイサイズで比較するとiPhone7はひとつ前のiPhone6sと端末の縦幅や横幅は同じなのに、重量が143gから138gと5g軽くなっていますね。

iPhone7Plusについても同様に、ひとつ前のiPhone6s Plusに比べて192gから188gと4g軽くなっているんです。

また、2世代前のiPhone6/Plusと比較しても少し重量と厚さが増した程度でほぼサイズ感は変わりません。

 

シリーズ初のおさいふケータイ搭載や防水対応でも大型化しなかった理由

端末の全体的なサイズとしては、歴代モデルとほとんど変わらないiPhone7/Plus。

iPhoneシリーズ初のおさいふケータイ(Felica)搭載や防水対応となったため、普通なら端末が少し大型化してもおかしくはないんですよね。

iPhone7のおサイフケータイ(FeliCa)の注意点・そもそもApplePayとは?

iPhone7おサイフケータイ(FeliCa)が搭載!Suica・Edy・iD何が使える?

実は、iPhone7/Plusの場合Felicaを搭載して防水対応にする分イヤホンジャックを廃止するという大幅なデザインの変更を行って、薄型軽量を保つことができたそうです。

また、ディスプレイに関してもiPhone7/Plusでは初めて、これまでのゴリラガラス以上に強度の強いサファイアガラスを保護カバーに使っているため薄型化が実現しているんですね。

このようにiPhone7/PlusはFelica・防水機能、と目新しい性能を搭載しているにもかかわらず前モデルと同じサイズで軽量化しています。

iPhone7/Plusが発売されて安くなったiPhone6s/Plusと比較している方などは、サイズや重量を気にする場合、思い切ってiPhone7/Plusにしてみると良いかもしれませんよ。

 

まとめ

iPhone7/Plusのサイズと、歴代のiPhoneから大きさを比較してみました。

こうしてみると新機能を搭載しているiPhone7/Plusが、前モデルとほぼ変わらないサイズのままなのに劇的に薄型・軽量化されていることが分かります。

「薄い!」というだけではなくiPhone7/Plusの場合、端末の強度も増しているので「曲がっちゃった」なんていう事もなく安心してiPhoneライフを楽しめそうですね!

次へ>>

iPhone7 PlusかiPhone7どっちが買いなのかをスペックと価格比較で判断

 

スポンサーリンク