iPhone

iPhone7が高い!値下げはいつ?いくら下がる?ソフトバンク・SIMフリー編

2016/11/14

ついに2016年9月16日、発売されたiPhone7ですが話題の機種をできるだけ早く、できるだけ安く購入したいと誰もが考えますよね。

そうなると気になるのはその価格がいつ頃値下げされるか、という点ではないでしょうか。

特に、iPhoneを3キャリアの中で一番長く取り扱っているソフトバンクはタイミングを合わせると大幅な値下げで購入できるチャンスが大きいといわれています。

またSIMフリー機種はキャリアの値下げシーズンとは別の時期に値下げされることがあるので、注目しておきたいところなんですよね。

買い時を間違えると損してしまうこともあるiPhone7、いったいいつ買うのが一番良いのかを知っておくためにも、今回はソフトバンクとSIMフリーそれぞれの値下げ時期をご紹介します。

 

スポンサーリンク

ソフトバンクの値下げ時期

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-27-11-40-15

出典:http://www.softbank.jp/corp/

 

ソフトバンクでiPhone7が値下げされる時期はいつ頃なのか、まずは前モデルのiPhone6sが値下げされた時期やその値段を参考に予測してみましょう。

ソフトバンクから発売されているiPhone6sはiPhone7の発売日に値下げされ、元の価格から約2~3万円ほど安くなっています。

このことから、ソフトバンクのiPhone7もドコモ・auと同様に新型iPhoneが発売されるであろう2017年秋頃には2~3万円値下げされることは間違いないといえるでしょう。

 

ドコモ・auの値下げついてはこちらをご覧下さい。→iPhone7の値下げはいつ頃?いくら下がる?ドコモ・au編

 

新モデル発売あたりの他にも値下げ時期がある

さらにソフトバンクでiPhone7を購入するならほかにも値下げが期待できる時期があるのですが、その時期は2017年3月頃と予測されます。

決算期にあたるこの時期にはドコモやauもキャンペーンを実施しており、ソフトバンクでも特にMNPや新規契約向けにiPhone7の値下げが実施される可能性が高いんですね。

 

発売直後が実は安い

ただ、実はソフトバンクのiPhone7を購入する場合、あまり知られていないのですが発売開始直後に大きな値下げがあります。

時期をずらして値下げを待つのと発売開始から2ヶ月以内に購入するのでは、その金額に大きな差がないんですよ。

MNPでドコモやauからソフトバンクへ移るユーザー向けには「のりかえ下取りプログラム」というキャンペーンがあります。

このキャンペーンは「電源が入って動作する」「データの初期化がきちんとされている」という条件を満たすiPhoneシリーズやAndroidスマホを下取りに出すと、発売直後の2016年9月の時点でもiPhone7の32GBが最大実質0円で購入できてしまうんです。

下取りに出してiPhone7の32GBが無料購入できるポイントを貰える機種は、「iPhone5s」以降のiPhoneシリーズ(Plus含む)と発売から約1年~1年半前後のAndroid端末なので、iPhoneユーザーだけじゃなくてAndroidユーザーにも嬉しいキャンペーンですよね。

  • のりかえ下取りプログラム・・・上2点を満たすiPhone5s以降・Android端末(発売から約1年~1年半前後)下取りでiPhone7(32GB)が最大実質0円

 

機種変更についても、iPhoneユーザーの場合は「iPhone5s」以降のiPhoneシリーズを下取りに出すと実質0円でiPhone7(32GB)へ変更ができますよ。

このような理由から、ソフトバンクでiPhone7を格安で購入するなら2万円以上の大幅な値下げが期待できる新機種発売時の2017年秋頃がチャンスといえるでしょう。
 
ただ、ソフトバンクのiPhone7は発売開始直後のキャンペーンを上手に利用すると他キャリアよりもかなりお得な金額で手に入れられる可能性が高いので、思い切って早めに購入するのもおススメですよ。

 

スポンサーリンク

SIMフリー端末の値下げ時期

_rtm0936_tp_v

 

ソフトバンクでのiPhone7値下げ時期はドコモやauと同様に決算期や次の新機種が発売されて型落ちとなったときと予測されますが、Apple Storeで購入できるSIMフリー端末については値下げ時期がキャリアとは少し異なるんです。

前モデルのiPhone6sは発売開始から半年後の2016年4月に1万円前後値下げされ、さらに発売から1年後の2016年9月に1万円ほど値下げされたため、発売から1年で2万円ほどの値下げが行われていることになります。

  • iPhone6s→発売から半年後に1万前後、発売から1年後にさらに1万ほど値下げ

 

SIMフリー機はキャリア発売ではないため大幅な値下げや割引のキャンペーンがなく、発売されたばかりの時期は一部の格安SIMの会社で3,000円~1万円前後の料金割引やキャッシュバックのキャンペーン対象機種となっているくらいなんですね。

iPhone6Sが値下げされた時期から予測すると、iPhone7のSIMフリー機も発売開始から半年後の2017年4月頃に1万円ほど、次期iPhoneシリーズが発売される予定の2017年秋頃にさらに1万円ほどの価格で、Appleから値下げが発表されるのではないでしょうか。

  • iPhone7→2017年4月頃に1万円ほど、2017年秋頃にさらに1万円ほど値下げと予想

 

まとめ

ソフトバンク、SIMフリーでiPhone7が値下げされる時期を予測してみました。

ソフトバンクの場合、意外にも発売開始直後にかなり値下げされるキャンペーンが実施されているので安くなる時期を待つより今買ったほうがお得感が満載みたいですよ。

SIMフリー版を購入するのであれば、格安SIMのキャンペーンを上手に利用するか、発売開始から半年後または1年後あたりが値下げ時期というわけです。

とにかく安くiPhone7を購入したい方にはソフトバンクがオススメです。iPhone7を格安で購入したうえで月々の維持費も安くしたい、という方はSIMフリー機が値下げされる発売開始から半年後あたりを狙ってゲットしてくださいね!

 

スポンサーリンク