ガラホ

ドコモのガラホ2016おすすめ機種紹介・料金プラン徹底解説

2017/05/27

スポンサーリンク

 

LINEが使えたりスマホページやPCページが見れるガラホに興味あるけど、買う気も無いのに店頭に行くのはちょっと気が引ける。。。店頭に行くと買わされるんでしょ?とお悩みの方必見です!おすすめ機種とその料金を分かり易く解説します。

※この記事の料金は全て税抜き表示です。

 

スポンサーリンク

ドコモで発売中のガラホ2016機種紹介(2016年8月現在)

現在ドコモから発売されているガラホは2機種。どちらも見た目はガラケーそのものですがその特性と機能について触れていきましょう。

ARROWSケータイF-05G

arrows%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4f-05g

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/product/feature_phone/f05g/

 

まず最初に発売されたドコモのガラホ第一号、富士通からARROWSケータイF-05G。富士通と言えばスマホでも大容量のバッテリーと常に最新機能を打ち出してきた大手ですが、今回ガラホにも大容量のバッテリーを搭載しています。

機能としては、防水・防塵は勿論、赤外線、ワンセグに対応していますが、おサイフケータイ、wi-fi、テザリングには対応していません。

カメラの画素数もガラケーと大差なく810万画素ですがバッテリー容量は1700mAhとなっています。

ARROWSケータイのオススメポイントは富士通独自機能でもある通話音質機能です。雑音の中でも相手の声が聞き取り易く、相手の声をゆっくり聞こえるようにする機能があります。年配の方でも安心してガラホに移行できそうな機能ですね。

 

AQUOSケータイSH-06G

aquos%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%bf%e3%82%a4sh-06g

出典:https://www.nttdocomo.co.jp/product/feature_phone/sh06g/

 

次にSHARPからAQUOSケータイSH-06Gをご紹介します。SHARPと言えば液晶技術で有名ですよね。このAQUOSケータイにも液晶の技術は継承されています。

3.4インチのディスプレイでも色鮮やかな画面表示を実現し、色彩ををより綺麗に表現してくれます。

カメラの画素数は500万画素と富士通に比べると劣りますが、ケータイだけで写真を楽しむなら十分だと思います。

バッテリー容量1410mAh、防水、ワンセグ、赤外線に対応していますが、こちらもおサイフケータイ、wi-fi、テザリングには対応していません。

シンプルでスマートな使い心地を追及したAQUOSケータイ。機能重視ではないライトユーザーにおすすめの機種です。

 

スポンサーリンク

ドコモのガラホの料金プラン徹底解説(2016年8月現在)

pak85_laladentakuol20140321_tp_v

 

さて、ガラホの料金ですがざっくり分けて2パターンしかありません。電話をカケホーダイにするかしないかの選択肢になります。

 

料金プランパターン1

まずカケホーダイの料金ですが、他社携帯、固定電話(一部対象外)への通話が24時間いつでも定額です。電話をかけまくっても月額2,200円なんです。

しかしガラホはLINEが使えたり、ブラウザがPCサイトやスマホサイトを表示する為パケット加入は必須です。PCサイトやスマホサイトは、ケータイサイトよりも通信料を使うからです。

カケホーダイの場合一番安いパケットがデータSパック3,500円なのでインターネット接続サービス料300円を合わせると6,000円。

シェアパック5以上を組んでいる方ならカケホーダイ2,200円+SPモード300円+※シェアオプション500円=3,000円でガラホが使えます。

 

※シェアオプションとは・・・シェアパックを申し込んでいる回線に紐付するオプションです。

これに加入するとシェアパックのパケットを分け合えるようになります。対象回線は同一ファミリー内である事が条件になりますので三親等内であればパケットシェアが可能です。

 

料金プランパターン2

もう一つの選択肢として従来のガラケーと同様のプランが選択できます。こちらは無料通話1,000円分がついたタイプSSバリューで算出します。

SSバリュー基本料金(電話料金)934円+SPモード300円+パケット定額372円~4,200円なので月々1,606円~5,434円で使えますが、ガラホにする方の殆どはLINEを重視しますのでまず上限4,200円に到達します。

それならプラス500円して料金プランパターン1にしても良いですよね。

ネットもメールもLINEもしない!って方はパケットとSPモードに加入しない選択肢もありますが、カケホーダイの方は月々サポートが対象外になるので注意が必要です。

バリュープランの方も月々サポートが基本料金を上回る場合余った月々サポートは放棄されますので注意して下さい。

 

まとめ

今回はドコモのガラホのについてでしたが、個人的にはAQUOSケータイでカケホーダイプランが一番オススメです。

ガラホにする方の殆どはLINE等のSNSを利用したいと言う理由でガラホを購入します。それならばシンプルで求める機能だけがセットされたAQUOSが良いのではないかと思います。

まぁ、一番の理由は見た目なんですけどね。メインカラーのブルーグリーンが個人的にツボです。

あくまでおすすめなので、やはり自分にあった機種を自分にあったプランでプロに見立ててもらう事を推奨します。

 

スポンサーリンク