スマホチャンネルースマホを便利に!快適に!スマホ総合情報サイト

スマートフォンに関連するお役立ち情報、便利で色々な情報を提供していくサイトです。

Google

Nexus2016SailfishとMarlinの最新スペック情報

2016/10/13

2016年のNexusシリーズのスマホと噂される「Sailfish(セイルフィッシュ)」と「Marlin(マーリン)」の2機についての最新スペック情報を公開しちゃいます!

Nesusシリーズのスマホといえば、他の「Galaxyシリーズ」や「Xpeliaシリーズ」のようにgoogleから提供されるandroid OSを搭載して同じメーカーが独自に発売しているシリーズではなく、提供者であるGoogle側が自らメーカーを選んで発売しています。

いわば純正のgoogleスマホなので、毎回新機種発表の前になるとスペックだけでなく「どこのメーカーから発売されるのか?」ということも注目の的になりますよね。

2015年の秋に発売された前モデルの「Nexus 5x」と「Nexus 6P」はそれぞれLGとHuaweiから発売されており、2016年のシリーズもHuaweiが担当するのではないかという噂がありましたが、今回は2機種とも台湾のメーカーHTCから発売されるとのことです!

HTCといえば、2010年にNexusシリーズのスマホが初めて発売されたときのメーカーです。その後はLGが多くHTCの機種は初代以降久々というわけなので、なんだか記念すべき!って感じがしてワクワクしますね。

今回はますます目が離せなくなってきた2016年のNexusシリーズ「Sailfish」と「Marlin」の最新スペック情報を比較しながらまとめてみましたので、購入を考えている方やandroid7.0を誰よりも早く体験したい!って方はぜひ参考にしてみてください!

 

スポンサーリンク

新型Nexus2016のSailfishのスペック

まずは、新型Nexus2016「Sailfish(セイルフィッシュ)」のスペックを見てみましょう。

【Android OS】Android7.0(N)
【画面サイズ】5.0インチ/解像度1920×1080
【CPU】クアッドコア・・・Snapdragon820 or 821
【メモリ容量】32GB(外部メモリなし)
【カメラ】外側カメラ:1200万画素/内側カメラ800万画素
【バッテリー容量】2770mAh

今の段階で、ほぼ確定だろうといわれているスペックを載せました。「Sailfish」が実際にAndroid7.0(N)搭載で発売されるか発表はされていませんが、Android7.0(N)公式発表後のNexusシリーズなので搭載される可能性は限りなく高いです。

また、これまでの機種のOSアップデート対応状況や傾向を観ると間違いなく今後のOSアップデートも2年程度は対象にしてくるはずですよ。

「Sailfish」の機種自体の重量やサイズ感はまだはっきりと分かっていませんが、ほぼ同じような画面サイズとバッテリー容量を持つ現行の「Nexus 5x」は136gです。

HTCが現在発売している機種の重量がだいたい150~160g前後であるため、重さは140g~160gくらいの範囲になるのではないかと予想されます。

 

新型nexus2016のMarlinのスペック

それでは、同じ時期に発売予定とみられている、もう1つの新型nexus2016の「Marlin(マーリン)」のスペックも紹介しますね。

【Android OS】Android7.0(N)
【画面サイズ】5.5インチ/解像度2560×1440
【CPU】クアッドコア・・・Snapdragon820 or 821
【メモリ容量】32GB/128GB
【カメラ】外側カメラ:1200万画素/内側カメラ800万画素
【バッテリー容量】3450mAh
【その他】指紋センサー

「Marlin」も「Sailfish」同様、Android OS7.0(N)の対応はまだ公式発表されていませんが、Googleスマホと言われるNexusシリーズなのでOSのアップデートには対応しているでしょうし、いち早くAndroid OS7.0(N)を体験できる機種ということは間違いなさそうです。

「Marlin」の端末サイズや重量については、今のところ現行のNexusシリーズ「nexus6P」(Huawei製)が画面サイズ5.7インチ、バッテリー容量3450mAhで重量178gのため近いサイズ感ではないでしょうか。

 

スポンサーリンク

SailfishとMarlinの違い

まだまだ、「ウワサ」の段階を超えないスペックも多々あるのですが、ここでは同時に発売される可能性が高いだけに、どちらを購入すべきか迷った時に知っておきたい新型Nexus2016スマホシリーズの2機種の違いを比較してみます。

 

液晶サイズと解像度の違い

「Sailfish(セイルフィッシュ)」は5.0インチ、「Marlin(マーリン)」は5.5インチなので、より大画面でゲームや動画を楽しむなら「Marlin」が良さそうですね。また、カメラについては外側・内側ともに同じスペックなのですが、液晶画面の解像度が「Sailfish」は1920×1080で「Marlin」2560×1440と、「Marlin」のほうがより数字が大きいため高精細な再現力が期待できます。

同じカメラで撮影しても、液晶の解像度が大きいほうが色鮮やかだったりリアルに見えるので、その点でも液晶のクオリティーの高さを追求するなら「Marlin」ですが、液晶サイズが小さいため電池消費を気にする場合は「Sailfish」でも十分だと考えられますよ。

 

販売予定のメモリ容量の違い

外部メモリは対応していないというのが現段階の情報で、確かに以前のNexusシリーズも対応していないのでそのあたりを統一しているのかもしれませんが、そうなると特に重要なのがスマホ本体のメモリ容量ではないでしょうか。

「Sailfish」は32GBのみの販売というのが濃厚で、その代わり「Marlin」は32GBの他128GBが販売されるようです。

32GBでも容量不足という自体にはあまり陥らないと思いますが、スマホ本体にたくさんの音楽や動画などを保存したい方や、メモリがなくなった時どうすれば良いんだろうと不安になる方は、128GBモデルがある「Marlin」のほうが安心して使えそうですね。

 

バッテリー容量の違い

「Sailfish」は「Marlin」に比べ液晶も小さめで消費電力が抑えられそうですが、その分バッテリー容量も小さめで2770mAhです。

一方の「Marlin」はバッテリー容量が3450mAhとかなり大容量なので、受電持ちを気にされる方や消費電力の大きいゲームなどをたくさんする方には「Marlin」がおススメです。

 

ところで、「Sailfish」や「Marlin」って機種名というよりコードネームなんですよね。コードネームといえばAndroidOSの場合だと毎度お菓子の名前が付けられているんですが、Nexusシリーズのコードネームがなぜか魚の名前なんですよね。

今回は「sailfish(セイルフィッシュ)」が「バショウカジキ」、「Marlin(マーリン)」が「マカジキ」という意味です。

コードネームと端末スペックに関連があるのかはハッキリ分かりませんが、なんとなくイメージ的にはカジキの中のカジキという感じの「Marlin」(マカジキ)が、「sailfish」が(バショウカジキ)よりハイスペック機なのではないかなぁ、と予想させられます。

 

まとめ

次のAndroid OS、Android 7.0(N)の発表を受けて、ますます注目を浴びている新型Nexus2016「Sailfish」と「Marlin」の最新スペック情報を並べてみると、2機種の違いがはっきりと見えてきました。

販売予定のメモリ容量やバッテリー容量から考えて、連絡手段に使うほかSNSやインターネットを見る、写真を撮って楽しむ、音楽やゲームを少しやりたいというスマホライトユーザーには「Sailfish」がおススメのようでした。

逆に動画や音楽を大量に保存したりゲームを思いっきり楽しみたいという方などスマホヘビーユーザーには「Marlin」のほうが使い勝手が良さそうです。

いずれにしても、同じHTCから2機種出るため、スマホの使い方に応じてご自身に合った端末を購入できるところが嬉しいですよね。

Nexusシリーズの最大の特徴は、なかなか国内キャリアから発売されている機種では対応されないAndroid OSの最新版を常に体験できる点です。

「Sailfish(セイルフィッシュ)」と「Marlin(マーリン)」以外にも、HuaweiからまだNexus機が出るかも、なんていうウワサもありますが、いずれにしてもこうしてスペックを比較してみると一層新機種の登場が実感できるので、最新のAndroid OSを試したい方には発売日の発表がますます待ち遠しいですね!

 

スポンサーリンク

Feedly

follow us in feedly

-Google